化粧水

イソフラボンの種類

イソフラボンには様々な効果があり、主な効果としては更年期障害やガンの予防、冷え性や肩こり、不眠などの体に関する症状、精神的な症状などにも効果があるといわれています。
摂取することによって体の健康のサポートとともなるイソフラボンですが、イソフラボンといっても様々な種類があるのはご存知でしょうか。

実はイソフラボンと一口でいっても、アグリコン型とグリコシド型の二種類があります。
一般的によく美容やダイエットなどに効果があるとされているイソフラボンはアグリコン型と呼ばれているものであり、アグリコン型イソフラボンがエストロゲンという女性ホルモンと同様の効果があるといわれています。 http://www.notrock.com/i2.html

エストロゲンの効果は、美肌効果はご存知の通りガン予防や骨粗鬆症の予防、前立腺がんの予防などにも効果があるといわれていますので、非常に注目されている成分になります。
そういったエストロゲンと同様の効果があるとされているイソフラボンはアグリコン型になりますので頭に入れておきましょう。 http://www.femexplorers.com/hormone.html


では、グリコシド型のイソフラボンはどういった効果があるのでしょうか。
豆腐や枝豆、納豆など比較的毎日の食卓で口にしている食品に多く含まれているのがグリコシド型イソフラボンで、更年期障害などに効果があるといわれています。

しかし実際には2つの種類の吸収性にはさほどの変わりはありません。
どちらも体に良いとされているため、どちらかを飲んでみたけどあまり効果がなかったので、もう一種を飲んでみたなどと上手く利用することでより摂取がしやすくなっているようです。

イソフラボンはサプリメントや食品から手軽に摂取することができ、食品においては豆腐や納豆を少し意識して食べるだけで変わってきます。
また、イソフラボンは様々な効果が期待されていることからもサプリメントの過剰摂取には注意が必要となっていますので、きちんと用量を守り上手に摂取していき、より健康を意識した生活をすることで元気な毎日を過ごしていきましょう。

このページの先頭へ