化粧水

妊婦は大豆イソフラボンを摂取しない方が良い?

みなさんイソフラボンってご存知でしょうか。

イソフラボンは健康や美容において非常に効果があるといわれていて摂取しているといった方も多いのではないでしょうか。
ガン予防や更年期障害の予防、骨粗鬆症の予防や、冷え性、肩こり、生理不順の改善、代謝を上げる効果や美白効果、さらにはバストアップ効果的などもあることから特に女性の間で注目されています。

摂取方法もサプリメントや食品から摂取できるので非常に手軽であり、イソフラボンは大豆食品に含まれています。
大豆食品である納豆や豆腐、大豆や味噌といった日常生活で意識しなくても摂取しているものも多く、少し意識を変えるだけで非常に改善されます。
サプリメントも手軽ではあるものの一日の摂取量がきちんと決められていて、過剰摂取によっては副作用がある場合がありますので注意が必要です。

また、妊婦の方にはイソフラボンはあまりよくないなどといわれていますが、食品で摂取する場合には良くないということはなく、豆腐や納豆などは大切な栄養となりますから摂取したい食品になります。
サプリメントとしての摂取はイソフラボンの過剰ににつながりホルモンバランスにも影響してきますので、サプリメントの摂取は控えるようにした方がよいということです。

妊娠中は、ホルモンバランスが乱れてしまうので様々な体の変化がありますが無理に正す必要はないんです。
より赤ちゃんが大きくなりやすい環境を作れるよう神経質にならずに妊婦生活を楽しむようにしましょう。

イソフラボンには良い効果が沢山あるといわれていますが、過剰摂取には注意し体の状況と相談しながらよりよい体作りのサポートとなるように心がけていきましょう。
イソフラボンは健康維持として子供にも摂取させたいといった方も多いようですが15歳以下のお子様はホルモンバランスがまだ不安定であることからサプリメントはおすすめできませんので食品などで上手く摂取していくようにしましょう。

このページの先頭へ