化粧水

イソフラボンとカプサイシンで毛が生える?!

みなさんはイソフラボンというとどういった成分であると認識していますか。
イソフラボンは健康や美容において非常に効果があるといわれていて、注目を浴びている成分になります。

美白美肌効果や代謝を上げる効果、更年期障害やガン予防、骨粗鬆症の予防など様々な効果があるということから、摂取しているといった方も増えています。
そんな中一つの効果としてあげられているのがイソフラボンとカプサイシンを同時に摂取することで毛が生えるといわれているのですが、実際はどうなのでしょうか。

カプサイシンは、唐辛子などに含まれている辛味の成分のことをいい、皮膚への刺激作用があるといわれています。
そんなカプサイシンとイソフラボンを摂取することで、髪の毛を生やす体内物質が作られるといわれているんです。

頭皮に体内物質がまわることで髪の毛の細胞を強くさせて育毛を促す効果があるといわれているのです。
また、強い髪の毛に再生し直してくれるということから髪質の改善にも効果があるようです。

では、イソフラボンとカプサイシンを同時に摂取するにはどうしたらよいのでしょうか。
イソフラボンは大豆食品から摂取できますので豆腐や納豆から手軽に摂取できます。

カプサイシンは上でもあげたように唐辛子の成分であることから、七味やキムチなどから摂取できます。
豆腐にキムチをのせて食べるというのがよい組み合わせかと思いますが、実際にカプサイシンを摂取するには唐辛子の粉で小さじ2杯分といわれています。

しかし、唐辛子を小さじ2杯分そのまま摂取してしまっては健康どころか胃がやられてしまうでしょう。
辛味成分は大量に摂取することで胃や内臓に負担をかけてしまいますので注意が必要です。

実際にカプサイシンを規定量食事で摂取するのは厳しいことからもサプリメントで摂取するといった場合が多いようです。
しかし、サプリメントも摂取量をきちんと守らなければなりません。
効果がある成分だからこそ飲み過ぎることで副作用がおこる場合もありますから注意するようにしましょう。

このページの先頭へ