化粧水

イソフラボンの摂取量は1日に40-50mgが目安

最近では、健康維持のために必要であるものとしてもよく名前が上がるイソフラボンですが、みなさん知っていますか。
大豆イソフラボンなどともいわれていて大豆や納豆、豆腐や味噌などの食品から摂取できるということでも注目を浴びています。
その他にもサプリメントなどで手軽に服用することができるので効果に期待が集まっています。

では、食品とサプリメントでは摂取することにより何か違いはあるのでしょうか。
やはり、サプリメントはイソフラボンのみの成分ですぐに吸収しどんどん効果があらわれることが多いようです。
それに比べ食品で摂取していても食品の成分の一種であることからじわじわと効果があらわれてきますのでサプリメントに比べると効果は感じにくいかもしれません。

しかし、サプリメントを服用するにあたって特に注意しなければならないのがイソフラボンの過剰摂取です。
イソフラボンは一日70-75m程度が摂取量の目安とされています。

その中でもサプリメントは30mgときちんと決められているんです。
残りの40-50mgというのが食品で摂取する場合のイソフラボンの目安になります。

イソフラボンは食品においては摂取量の目安があるもののそれ以上何があるわけではありません。
しかし、サプリメントは過剰摂取によって副作用がでるという場合もありますのできちんと守って摂取するようにしましょう。

それぞれ個人差がありますので注意が必要になりますが、上手く食生活で取り入れることができればよいかと思います。
サプリメントも毎日摂取するというわけではなく、なるべく毎日大豆製品を取り入れるようにしましょう。
どのような副作用があるのかはhttp://www.kellysmissionrock.com/much.htmlで詳しく解説されています。

少し負担であると感じてしまった時や、摂取が少なかったかなといった日にだけプラスしてサプリメントを摂取するなど上手く利用して摂取することで、より効果的に摂取できますから参考にしてみてください。

摂取量をきちんと守って摂取することでより効果を実感できるかと思いますし、何より自分自身の健康のために摂取していくようにしましょう。

このページの先頭へ